ホットな話題の金融機関

憧れの場所ウォール街 > ウォール街ってどんな所

憧れの場所ウォール街

ウォール街ってどんな所

金融に興味がない人でも一度くらいはウォール街という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。リーマンショックのような、金融に絡むニュースで度々出てくる有名な通りの名前です。ウォール街はアメリカ合衆国ニューヨークにある通りとその周辺の地域のことで、世界でも有名な金融センターの中心です。金融センターというのは証券取引所や銀行などが集まる金融取引の中心的な場所のことで、その国の金融市場に大きな影響を与えます。

とくにウォール街が発祥のニューヨーク証券取引所は世界最大の証券取引所であり、世界で最も上場審査が厳しい証券取引所とされています。2002年にアメリカで上場企業会計改革および投資家保護法が制定され、上場にあたって従来よりもさらに厳しい企業統治を要求されるようになったため、日本企業も4年ほど上場を敬遠する傾向がありました。現在日本企業は1970年に上場したソニーを皮切りに京セラや日立製作所など17の企業が上場しています。

そんなニューヨーク証券取引所およびウォール街を擁するニューヨークは世界屈指の金融センターであり、環境やサポート、市場の発展など複数の項目で評価される各種金融センターランキングで常にトップの評価を受けています。元々は18世紀に材木の取引のため集まった商人や投資家が、非公式の取引所を設立したことが発端です。取引所がどんどん大きくなりニューヨーク証券取引所となって、20世紀になると世界の金融の中心へと成長していきました。

しかし最近のウォール街は続々と金融機関が本社を移転させており、2000年に入ってからは、かつてウォール街に本店を置いていたアメリカ資本の大手金融機関は全てなくなってしまいました。同じニューヨーク内の移転であればニューヨークが世界の金融センターであることに変わりはないので、金融センターランキングのような数値に現れにくいのです。もっとも本部がないだけて支部や外国資本の金融機関は存在します。